キャッシングの知っておきたい金利の計算方法豆知識

低金利で即日融資で借りれる金融機関.金融会社を選ぶ

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融ではお金を借りられる審査の甘い消費者金融を紹介していますが知っておきたい利息の計算方法や知識を解説しているので最後まで読んでいただけると後に役に立つことを書いているので少しでも賢く借りれるようにして役に立てる情報を提供していきます。

自分自身の属性に合わせた金融機関を選ぶことが必要ですがその前に一番大切な融資後の返済をしていく過程についたお話をしたいので金利の計算方法や銀行と消費者金融などの比較をすることでどこで借りたらいいのかとか、低金利で借りやすいところや、審査の甘いブラックでも激甘審査で即日融資してくれる消費者金融がどこなのかが一目瞭然でわかるので最後までご覧になってみてください。

金利の計算方法

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りる場合に払わなくてはいけないのが利息です。利息を知らずに大雑把に借りてしまうと後から大変なことになる場合があるので計算して計画的に借りる為にも覚えておいても損はないので参考にしてみてください。金利の計算方法ですが

利息=利用残高=実質年率÷365×借り入れ日数です。

借換えならマンモスローン

例えば30万を18パーセントの年率で借りた場合の計算で30日でかかる利息は30万×0・18÷365×30になるので利息が4438円になります。借り入れ金額が小額なら短期で完済できるので後の利息は重くのしかかることはありませんが、それなりの高額融資を受けて、分割返済の回数が長期返済の計画で考えている方には

毎月利用残高は返済をしていけば減っていきますが、利用残高に合わせた利息が完済するまで利息の支払いがあるのでなるべくなら低金利のところから借りることが合理的で賢い賢明な判断と言えます。

金融機関の金利はいくらかかるのか?

10万未満のキャッシングなら年20パーセントになり、10万以上~100万未満のキャッシングなら年18パーセントになり、100万以上の場合は年15パーセントまでと決まっています。借り入れをする前に自身に合った消費者金融を選ぶ為にも利息はいくらかかるのかを把握しておく必要があります。

来店不要のネットキャッシングと対面融資の比較

来店不要のネットキャッシングと対面融資の違いですが来店不要のネットキャッシングは自分の好きな時間にスマホかパソコンから申し込みができるというメリットがあります。便利さを考えたい人や、対面で直接店舗窓口や無人の契約機まで出向いて借りることに抵抗がある人にはネットで全て完結できるインターネットキャッシングをお勧めします。

銀行のカードローンは総量規制対象外です。

銀行のカードローンだけは総量規制対象外になるので年収の1/3以上の借り入れ金額でも借りることができます。借金はしないに越したことはありませんが、住宅ローンや車のローンを組みたい時は多額のお金がかかるのでそうも言っていられません。そうした事情以外にもどうしても年収の1/3以上の借金をしたいときに

唯一例外なのが銀行のカードローンなので銀行から借りることをお勧めします。銀行のカードローンはブラックでも激甘審査で借りられる審査の甘い消費者金融ではありませんが、大口融資を受けたい時に適しています。

個人信用情報とは?

キャッシングは生活費はもちろん、冠婚葬祭や医療費等のお金が発生した時に助けてくれる便利なサービスですが、審査が通って借り入れ出来たのはいいですがその後の返済が遅れたりすると個人信用情報に傷がつくことになり不自由することになるので計画的な借り入れをする必要があります。返済の約束を守れない人は

金融機関から不良債務者とみなされてしまいます。そうした時に個人信用情報は信用情報機関に照会すれば情報を共有できるのでブラックリストの人には貸し倒れのリスクがあるからお金を貸さないという判断を下されてしまいます。個人信用情報とは個人を特定する為の情報なのでだいたい以下のことで個人を特定します。

①氏名と性別、住所、電話番号、勤務先、免許証の番号、保険証の番号等です。他には②キャッシングをした際の貸付条件に関する、ローンの種類、契約した日、貸付金の総額、借金の残高、保証額等になります。

その他、返済に関する情報になりますが入金日や完済日、延滞歴がある場合は延滞した回数や期間はどれくらいあるのか等。他にも取引に関する情報としては債権回収、保証履歴、債務整理、債権譲渡、強制解約、破産申し立てなどがあります。

こうしたことを全て管理しているのが信用情報機関なので貸金業者は信用情報機関に載っているこうした情報を照会して融資をするかしないかを決定します。銀行や大手の消費者金融は債務整理をしたかしていないか等の履歴を信用情報機関でブラックリストになっていないかを確認してから融資をするかしないかを決定しています。大手消費者金融と銀行はブラックリストになった方には一定の期間が経過するまでは借りれることができません。

大手の消費者金融で借りれない元多重債務者の方でもお金を借りれる正規業者のサラ金街金業者を紹介しています。

Top