銀行のカードローンは低金利で借りやすい

銀行のカードローンは低金利で借りやすいのが特徴です。銀行は簡単な手続きで借り入れができてテレビCMや新聞や雑誌などの

 

メディアを通じて宣伝しているので知名度はメジャーであり宣伝を利用して消費者にキャッシングをアピールしています。お金を借りたい消費者は銀行のカードローンは消費者金融よりも

 

紳士的で怖くないとか銀行はイメージが良いので消費者金融から借りるよりも後ろめたさが少なくなっているのではないでしょうか?

 

銀行は金融法が改正されてから総量規制が施行されてからは銀行以外の金融機関は年収の1/3を超える貸付はしてはいけないという法律ができてからは個人向けのローンに力を入れるようになりました。

 

低金利時代が続き、日銀がゼロ金利政策を打ち出したのですが近年では久しぶりに多重債務者が増加したという問題も指摘されていますが銀行のカードローンは便利に利用すれば有意義なお金の使い方ができます。

 

銀行のカードローンのメリットとデメリット

銀行のカードローンのメリットとデメリットについて解説してみます。先にメリットから挙げてみますね。

 

➀一番低金利で借りられる

 

➁銀行は総量規制対象外だから大きな金額を借りたいときに大口融資に向いている

 

デメリット

 

①書類が多くて審査時間が長いから即日融資には不向き

 

➁審査基準が厳しい

 

このような特徴があるので銀行のカードローンの審査を受ける場合は、早めにゆとりを持って申し込みすることをおすすめします。

大手の消費者金融で借りれない元多重債務者の方でもお金を借りれる正規業者のサラ金街金業者を紹介しています。

Top