ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融景気拡大について

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融の運営者です。ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融の今日のニュースです。

内閣府は8月の月例経済報告で緩やかな回復基調が続いていて2012年12月から始まった景気拡大の長さは戦後2番目に長い、いざなぎ景気と同じ可能性が高いと発表していたがバブル景気と比較すると成長率が低い。アベノミクスが始まった2013年度は成長率が2.6パーセントだったが2014年度は消費税が5パーセント

から8パーセントに上がった影響でマイナス0.5パーセントになり、その後の2015年と2016年は伸び率は1パーセント台の低い伸びである。そんな中で雇用に関してはバブル期以来の状況に回復しているので先行きが見えてきたと言えるが課題は正規雇用者が増えているのでこれから正社員の雇用が増えていくことと

企業の人出不足が深刻化していることを解消していければいいのではないだろうか。他にも正規雇用者の最低賃金はアップしたのはいい兆しになる前触れになるかもしれないが正規雇用者の賃金がアップしていかないと消費拡大には繋がらないのではないだろうか。現在の景気回復はバブル期とは違い一部の大企業や投資家まで

の人たちにしか実感がないのでこれからは中小企業まで実感がわくことが本当の景気回復と言えるのではないだろうか?

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融をご覧になられている方はどう思いましたか?景気回復は数字的には回復していると思いますが実体経済が見えてこないとは言われていますが確かにそれは同感です。物価上昇2パーセントを目標に日銀の黒田総裁はしていましたが目標達成時期には達成できないと最近報道で

見かけましたが所得が増えていかないことには消費拡大に繋がらなりませんからこれからは所得が増えることも課題になりますが政府が待機児童対策として企業に保育所を事業者内に作ったら法人税を優遇すると発表していましたから国が税金を使って保育所を作るよりはいい試みだなと思って観ていましたが政治家の方々は色々考えてくれているのでよく頑張ってくれていますね。まだまだ課題はありますがこれからも日本のために

頑張ってもらいたいですね。ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融の運営者は政治家の方々の活躍を応援しています。

 

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融TOPページへ戻る

The following two tabs change content below.

運営者

当サイトは、会社員の方はもちろん、公務員、自営業者、主婦パート、アルバイト、フリーター、派遣社員、日雇い労働者、水商売、風俗嬢(ソープ嬢、デリヘル嬢)の方まで、借りられる金融会社を案内しているキャッシングサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA