「質屋に質入れしてお金を借りる方法誰でも必ず借りられるの?」カテゴリーアーカイブ

質屋に質入れしてお金を借りる方法誰でも必ず借りられるの?

質屋は品物を預けることでお金を貸してくれます

質屋はネットが発達する前や団塊の世代の人達には特に広く知られた存在ですが、若い人はお金を借りることを考えると最初に思い浮かぶのは銀行とか消費者金融ではないでしょうか?

質屋は質屋に質入れしたい物を持っていくことで融資を受けることができます。金額は質入れした品物の査定以下のお金を借りられることができます。例えば買取価格が5万だと査定されたら

5万が融資限度額になり、完済するまで質屋に品物を預けておく形になります。完済する際に返済を順調にしていて何も問題がなければ預けた品物が手元に戻ってくるという仕組みが質屋です。

借りたお金を返さなくなると、質屋に質入れした品物が質屋の所有権になることになり売却されてしまい、品物は手元に戻ってこなくなります。

質屋は何か預けられる品物がありその品物が価値があれば審査はなしで預けた品物が担保になるのでどんな人でもお金を借りられることができるというのが最大のメリットです。

質屋にはどんな物を預ければいいの?

質屋にどんな品物を預ければお金を借りることができるのか気になりますよね?昔は着物とかを預けたりしていた人が多かったようですが、最近ではブランド物のバッグとか時計が多いですが

品物に価値があれば相談に乗ってくれるので何か価値がある物であれば大丈夫です。

質屋を利用する際に知っておきたいこと

質屋は全国の大きな駅や街中の周辺にだいたいどこにでもありますが、金融会社を利用するよりも後ろめたくないという意味でも敷居が低いこともあり、利用しやすいですが覚えておきたいことがあるので説明していきます。

質屋の金利は年利ではなく月利計算

銀行と消費者金融からお金を借りる場合は年利計算で借りられることができますが質屋は違います。質屋は金利が1.25パーセント~10パーセント前後ですが、年利で計算すると5パーセントだと

しても60パーセントになるので高金利になります。

質屋は年利109.5パーセントまで質屋営業法により法律で許可されているため、長い期間お金を借りる場合は不利な条件になるということを知った上で利用するようにすれば賢く利用できるのではないでしょうか?