「闇金の手口・被害・対策・悩み相談(解決方法)」カテゴリーアーカイブ

闇金からお金を借りている警察から電話があって口座を凍結されてしまった被害のケース

闇金の手口・被害・対策・悩み相談(解決方法)のカテゴリにも書いた続き的な記事として書きます。

何も心当たりがないのに口座を凍結されたり警察から電話が来て事情を聞かれるケースとしては以下の原因が考えられます。

闇金から借りている場合、入金には口座をしてる。
返済より入金で警察は事情を聞きたいと思われる。
むこうが犯罪口座から口座へと振込みしていた場合に被害に巻き込まれる場合もある。

回答

闇金が他人の口座を使って貴方の口座に振り込んでいたのは間違いないと思われます。

凍結された口座には犯罪にかかわるお金が入っている為、警察が銀行に連絡して口座凍結を依頼して口座が止まっている。

警察に呼ばれているくらいなら大した問題ではないですし、問答無用で凍結されて反論も聞きもしない警察官もいるかもしれませんが、嘘はつかずにまずは出向いて正直に闇金から借りている、もしくは借りていた過去があると話をしてください。

例題としてはこのように回答するのをお勧めします。

闇金から借りていました。返済を要求された口座です。闇金とはわかってましたが借りたお金は返さなければとよ思い要求された口座にお金を振込みました。闇金の番号は何々ですと具体的な番号を警察に言えばいいです。この程度なら慌てることはありません。振込みして入金ならずに宙に浮いたお金があるなら銀行に出向いて、返してもらうように交渉するようにしましょう。

それよりも早く闇金から借りる生活から抜け出すことを考えてください。

逃げ隠れすると何も悪いことをしていないのに余計な疑いをかけられて最悪数日拘留されるようなことになる可能性もあり得ないことではないので、ありのままに正直に話をすれば解決しますので安心してください。

 

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融で紹介している中小の街金融は意外と知られていないブラックでも借りられるサラ金があります。

トップページに戻ってゆっくりとご覧ください。

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融TOPページへ戻る

闇金からお金を借りている。返済は闇金が指定する口座に振込みしていたら警察から電話が来た被害のケース

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融では闇金の手口・被害・対策・悩み相談(解決方法)について記事にしていきます。

最近の闇金は手口が巧妙になり、債務者(お金を闇金から借りる側の人)の口座を利用する手口があります。実際に被害に遭われた方のケースを紹介します。今回は闇金からお金を借りている。返済は闇金が指定する口座に振込みしていたら警察から電話が来た被害のケースについてのお話です。

1年くらい前から、ある闇金業者から小口のお金を借りるようになった。

返済する際には相手が指定する口座へ振り込みしていた。(現金は振り込みで自身の通帳やカードは使わない)

借り入れ条件に関しては双方がお互いに納得していて、利子も期日にきっちり返済して(ちょっと待ってもらった


1週間ほど前に、短期の闇金から借りたお金を返済しようとするも、相手が指定した口座に入金できていない。

警察から電話くる。振込みした口座について聞きたいことがあると言われる事態に陥って困っています。

借り入れ条件に関しては双方がお互いに納得していて、利子も期日にきっちり返済して(ちょっと待ってもらったこともあった)それでもお互い問題なかったのに、なぜか警察から呼び出しが来た。
何度もしつこいくらいに電話が来る。

不安な点を挙げるとしたら以下の心配事が挙げられると思います。


①このまま警察に行かずにいるとどうなるのか?

②警察に行けば闇金業者との貸し借りは隠せないだろうが、その場合、業者はどうなるのか?

③闇金に警察に駆け込んだと思われないだろうか?報復で職場(会社)自宅・実家・近所に嫌がらせされたらどうしよう。

回答

放置しておくとまた警察から電話が来ることになります。

警察に行かないと貴方が闇金業者に自身の口座を売った、犯罪に加担している、もしくは幇助している。仲間ではないのか?等と疑われている可能性があると思うので、下手な嘘はつかずに正直に事情を話をしてください。

闇金業者に嫌がらせなどの報復される可能性を心配しているかもしれませんが、そのへんのことは考慮してもらう対応をするなりしてもらうようにするなりしてください。

続きは他で記事にしていきますので、闇金の手口・被害・対策・悩み相談(解決法)のカテゴリをご覧ください。

ブラックでも激甘審査で融資してくれる消費者金融TOPページへ戻る